身近な相手との距離感を縮めるコツ

2019年04月15日

自分からどう歩み寄っていいのかわからない

 

先日、研修先の上司の方が「自分からどう歩み寄っていいのかわからない」と伝えていただきました。

皆様の中でも

  ●親しくしたいと思っている人に対してどうやったらいいのか

  あまり人間関係の良くない人と、どうやって人間関係を構築していくのか

と疑問に思っているがいらっしゃるかもしれません。

 

人の心の扉には鍵穴があって、その鍵穴に合う鍵を差し込むことが必要です。

 

心が和らぐ一言

 

ある日、私たち夫婦二人でゴルフに出かけました。

その日は非常に天気が良く、風もなく、煙突からまっすぐと立ち上る煙が見えた時に「絶好のゴルフ日和よりだね」と言いながら、ゴルフ場に着きました。

ゴルフ場に着くと、キャディーさんがクラブを下してくれます。

その時に、颯爽と車から降りてそして後ろのトランクを開けて、「よろしくお願いします」と言いながら車に戻ってみると、後ろの方からザワザワザワザワ

「あれ?なんかおかしいわね、どうしたのかしら?」

慌てて行ってみると、なんと、ゴルフクラブが僕のものしか積んでいなかったのです。

「えっどうしよう」彼女と一緒にゴルフをするのに、ゴルフクラブがない・・・

 

この時にみなさんだったら、みなさんであったらというのは、みなさんが僕の妻だったらどんな声を掛けるでしょうか?

 

「なにやってんのよ」という人もいるかもしれません。

「あれ!?」と言ってご主人に詰め寄る方もいるかもしれません。

 

僕の妻は、「いいの、いいの、大丈夫!クラブ借りるから!」と言ってくれたのです。

 

その時の僕の心の状態は、もう申し訳ないことをしてしまったという思いでいっぱいなのですが、その一言ですごく和らいだのです。

 

言葉一つで対応が変わるということ

 

もし、妻の一言が攻撃的に「なにやってんのよ!」と言われたら、僕はすぐさま切られた刀で、取って返すように、「自分のクラブだったら自分で乗せるべきだろう」とか、いきなり喧嘩が始まったのではないかと思います。

彼女のその一言で、「わかった、ゴルフクラブを新しいのを買おう!」と伝えたのです。

そうすると

「そんな事ない!今日一日だけの事だから、レンタルでクラブは用意するわ、その代わりやってもらいたいことがあるのだけど。」

もう許してもらっているわけですから、僕の心は何でも受け入れる体制ができていて

「いいよ、いいよ、何でもするよ!」

「ゴルフが終わったら一緒に食事したい所があるのだけど、一緒に行ってくれるかな?」

「もちろんYes

となったわけです。

 

相手の心にアクセスする

 

いかがでしょうか。

この話でみなさんがどんな事をお感じになるかという事なのですが、相手の方と距離を縮めていくときに、まずは相手のしてもらいたいことをしてあげる、という事はみなさんご存知だと思います。

ただここに関して、その人の心にアクセスするという事をみなさん心がけていらっしゃるでしょうか。

 

その人が今どんな気持ちでいるのか、どんな心でいるのか、その気持ちを察してその気持ちを満たすような、そんなやり方をしていると、もっともっとみなさんは、周りの人との人間関係を良くすることが出来るのではないかなと思います。

 

>相手の心にアクセスする意識を高める研修の詳細はこちらから


お気軽にご相談・お問い合わせください

お電話をご希望の方はこちらから

03-6277-3591